根元から木を切り倒すことを伐採といいます。大きくなりすぎてお手入れできない木や、枯れや台風などによる倒木の危険から守るのに必要な作業です。育ち過ぎて大きくなってしまった植木はお手入れに余計な費用がかかりますし、枝や枯れ葉などでご近所さまにもご迷惑をかけることもございます。マツダ造園ではご予算にあわせて、枝落としや数回に分けて小さくすることも可能です。また根ごと抜く作業の抜根も承っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。



●伐採
植木屋では木を切り撤去することの意味で使われます。
根は残ってしまい、高木の場合は重機を使用して作業することもあるため、費用がかかってしまいます。

●抜根
土にはった根を取り除くことです。太く伸びた根が家の基礎にまで影響してしまうケースもあります。
大きな根だとパワーショベルなど重機を使用して掘り起こすこともあります。

●枝落とし
長く大きくなってしまった枝を切り落とす作業です。木全体をきる伐採と違い枝で切り縮める作業になりますので、
費用は抑えられますが木はまた伸びてきてしまいます。